〒243-0815 神奈川県厚木市妻田西2-15-19 メールによる予約・相談
046-240-8666 診療時間 10:00~〜 20:00 休診日 火・祝

歯と歯肉の隙間の金属色が気になる|前歯|歯茎が下がる|きくち歯科クリニック|厚木市 伊勢原市 海老名市 綾瀬市 座間市

歯の歯肉の隙間が気になる

+歯と歯肉の隙間ができる理由

隙間ができるわけ

 

通常の天然歯では、左の画像のように「歯と歯肉の隙間」が出来る事はありません。

これは一度治療したかぶせ物におきる症状です。このようになってしまう原因は主に次の2つです。治療の手抜き、加齢や歯周病による歯肉の退縮。当院でリカバリーした症例をご紹介します。

ビフォアー アフター

■担当医からのコメント

担当医 審美歯科治療後のかぶせものは強いブラッシングや歯ぎしりなどの強い咬み合わせにより 歯肉退縮してきます。また継ぎ目を歯肉下1mmという深さに設定をしておこないと、継ぎ目が容易に見えてきてしまい、審美性が著しく損なわれます。問題の あるかぶせ物をすべて外し、金属を一切利用していないセラミック素材のかぶせ物に置き換え、神経が死んでしまった歯には根管治療を施しセラミックのかぶせ物をしました。

 

ビフォアー アフター

■担当医からのコメント

担当医2 もともと入っていた冠は古いタイプの金属のフレームにセラミックを焼きつけてある金属焼付け鋳造冠。そのため、歯茎が下がったことで黒い縁が見えてきています。今後もし、ほんの少し歯茎が下がっても黒い縁が見えないように、オールセラミック冠で再治療することになりました。オールセラミック冠を使用したことで、色、形、歯茎との調和すべてうまくいったケースです。

 

 

個別相談インターネット予約

〒243-0815 神奈川県厚木市妻田西2-15-19

 

 

+症例集

詳細は症例集をご参照ください。

ビフォアー アフター1

 

 

 

 

+患者様の声

詳細は患者様の声をご参照ください。

患者様の声

 

 

 

 

 

+料金

費用・素材の特徴に関しては料金表をご参照ください。

素材の特徴・料金