〒243-0815 神奈川県厚木市妻田西2-15-19 メールによる予約・相談
046-240-8666 診療時間 10:00~〜 20:00 休診日 火・祝

当院からの6つのお約束 |きくち歯科クリニック・審美歯科(差し歯)専門サイト 厚木市 夜8時まで 土日も診療。

当院からの6つのお約束

 

当院が審美歯科治療で実施している特徴をまとめました。

それぞれをクリックしていただくと該当箇所へ飛びますので、ご覧ください。

 

promise_btn01確立された美の方程式

複数ドクターによる多角分析 成功の可否を握る初期治療の徹底

安心の保証期間の導入 こだわりの治療行程

 

 

01 「総合」治療のご提案

総合治療とは、お口全体の美しさ、健康、バランス、機能性を考慮した治療のことです。

 

例えば、下の画像の患者様から「前歯2本を審美歯科治療で白く、美しくしたい」というご要望があったとします。当院では、その2本の歯にセラミックのかぶせ物をして治療終了とはいたしません。

サンプル

なぜならば、審美歯科治療をする前に、虫歯・歯周病の症状が見られた場合、まずそちらの治療を行う必要があります。この治療をしっかりしなければ、審美歯科治療をした部分が早期にダメになってしまう可能性があるためです。

 

そして、患者様が望まれるのであれば、治療を希望

されていた部位だけでなく、お口全体のバランス

や機能性を考慮した治療計画をご提案させていただく

ことも可能です。

この治療を専門用語では「全顎的治療」というのですが、

多くのドクターはあまりこのような提案・治療は実施

していません。なぜなら、お口全体的な治療は、

部分的な治療とは一線を画し、咬みあわせバランス、

矯正治療、そして場合によってはインプラントや入れ歯

といった複合的な治療が絡み合うため、

非常に難易度が高いためです。

院長

 

当院では各専門分野に特化した複数のドクター、そして審美に特化した歯科技工士との「チーム医療」を実施しておりますので、このような総合治療が可能になっております。

 

下の症例は全顎治療を行った症例になります。

ビフォアー アフター

ビフォアー アフター2

■担当医からのコメント

担当医

歯がグラグラに揺れて食事を美味しく食べられないと来院されました。診断の結果、歯周病と咬み合わせが複雑に絡み合った問題がありましたので、問題のある歯だけではなくお口全体のバランスを考えた治療を実施しました。治療内容は審美歯科治療、インプラント治療、歯周病治療、咬み合わせ治療になります。

今では大好きな焼肉をたくさん食べれるようになられたようです。

 

 

02 確立された「美の方程式」

単に白く綺麗な人工歯を作るだけが

審美歯科治療ではありません。

当院では、次の10の基準に基づき、

審美歯科治療を行っています。

美の基準

歯の形態

歯の形態

歯の形態1つで口元のイメージが変化します。カウンセリングで得られた情報をもとに、形態を決定します。

顔貌との調和

顔貌との調和

体の中心ラインを「正中線」というのですが、この線に上下の歯の中心が合わさることで顔貌と口元のバランスが取れることになります。

唇との調和

唇との調和

笑ったときの上の歯の縁を線で結んだライン。緩やかな弧を描くほど女性的な魅力が高まり、水平になるほど男性的な印象になります。

歯の特徴付け

歯の特徴付け

歯は皆さんが想像されている以上に複雑な形をしています。この形に近づけることにより天然歯と見分けがつかない歯が出来上がります。

性別

性別

男性・女性で理想とされている歯の形というものがあり、その中でもさらに細分化されます。あとでご紹介します。

肌の色

肌の色

肌の色とバランスをとりながら、美しく見える色の濃淡・深み・明度・彩度を微調整していきます。

年齢

年齢

個々人の好みによって変化しますが、一般的には年相応の歯の形・色が存在し、それに近づけることで自然な口元を演出します。

バリエーション

バリエーション

審美歯科治療で用いる素材は様々なものがあります。お口の状態・患者様の理想によりそれらを使い分けます。詳しくは料金表をご覧ください。

歯の配列・位置

歯の配列・位置

形・色だけでなく、お口全体のバランスを考えた人工歯の配列・位置も大切となります。

相対的歯冠長

相対的歯冠長

黄金比率(1.6、1.0、0.6)に基づき、配列を計算しながら治療を行うことで、バランスのとれた整合性のある形を追求します。

色々とありますが、要はこれらすべてを考慮することで、はじめてあなたに調和した、そしてオリジナルの歯が出来上がります。

 

また、これら以外に当院が特に力を入れている「美」に関しての考え方として、戦略的な「光反射のイルージョン」というものがあります。

 

光反射のイルージョン

簡単に説明しますと、歯の形態(角度・厚み・長さ)を変えることで光の屈折度合いが変化し、目に見える歯の形態を自在に操る治療テクニックです。

 

例えば、歯を作る際、お口の状態によって、

「もう少し角度をつけたい」「もっと薄くしたい」

「もっと短くしたい」「もっと幅を狭くしたい」

のにそれができない場合などがあります。

通常は「仕方がない」と諦めるのですが、

この光反射のイルージョンテクニックを活用する

ことで、他人に見える歯の形を、理想とする形へと

変化させることが可能になります。

院長3

 

このテクニックはどの歯科医院でも行っているわけではありません。

 

光反射のイリュージョン図

 

 

 

03複数ドクターによる「多角分析」・「チーム医療」

複数ドクター

当院での審美歯科治療は複数のドクター、歯科衛生士、歯科技工士のチームで行います。

なぜ当院では「チーム医療」を実施しているかといいますと、「本当に最高の治療を患者様に提供するには1人では限界がある」と理解しているからです。

 

歯科先進国の欧米ではすでにこのスタイルの治療を行っています。各治療工程を細分化し、それぞれに専門家が存在し治療にあたるスタイルです。

 

日本では1人のドクターがほぼすべての治療を行っているのが通常ですが、やはり1人の人間がすべてを行うのには限界があります。歯科医療は日進月歩の世界ですので、最先端の技術・材料・設備に精通することはできません。

 

最高の治療を常にご提供するため、当院では各分野の専門家が密接に連携して治療にあたるチーム医療を推進しています。

 

■コラム-チームの一員である歯科技工士のご紹介

技工

審美歯科治療で利用する詰め物・かぶせ物は、歯科技工所で制作されます。

歯科医院ですべてを制作するわけではありません。

つまり、ドクターの技術力がいくら高くとも、実際のかぶせ物を作成する歯科技工所のレベルが高くなければ決して良い治療はできないということになります。

クオリティが高く、信頼のおける歯科技工所と連携できるか否かが非常に大切です。

 

当院では㈱スワデンタルという歯科技工所と連携しています。

ご担当者にお話を伺ってきましたので、ご興味がある方は対談をご参照ください。

 

 

 

04成功の可否を握る初期治療の徹底

衛生士1-4

当院では、すぐに審美歯科治療は行いません。

患者様のお話をお伺いし、診査診断を徹底することは当然ですが、お口の状態が悪い場合(むし歯・歯周病)は、まずその改善から行います。

 

家を建てる時をイメージして欲しいのですが、まずは地盤の基礎工事をしてから上物の組み立てに進むと思います。これは審美歯科治療も同じです。

詰め物・かぶせ物を入れる土台となるお口の状態をしっかりと整備しなければ、すぐに取れてしまったり、審美性が損なわれてしまうためです。

 

下の症例は初期治療をしっかり行わなかったため、もともと存在していた歯周病が悪化し、歯と歯肉の隙間が生じてしまい審美性が損なわれてしまった他院での症例です。

隙間1 隙間1

審美歯科治療は「一時の美しさ」を追求する治療ではありません。

長期的に安定した美しさを獲得するための治療」です。

患者様の「すぐにでも綺麗な歯にしたい!!」というご要望は切に感じています。

しかし、医療に携わる人間として、すぐにダメになってしまう治療はしたくありません。

この点、ご理解いただけたらと思います。

 

■コラム-治療後のメンテナンスに関して

 

つめ物・かぶせ物をすると何か歯が丈夫になった気がすると思いますが、それは間違った認識です。天然歯と同様に定期的なメンテナンスをしなければ虫歯・歯周病に侵されてしまいます。

 

当院では、この定期的なメンテナンスの他、

口元の「美」に関するコンサルテーション

アフターケアの一環として実施していますので、

永続的な美の維持、もしくは更なる美を追求した

対策をご提案いたします。

コンサル

治療すれば「あとは知りません」では医療機関としては失格です。

当院が担当させていただいた患者様に関しましては、責任を持って継続的に様々な面でご対応させていただきます。

 

 

 

05安心の3年~10年保証

せっかく安くはないお金を払ったのにすぐダメになってしまっては何のための治療かわからなくなりますよね。そこで当院では詰め物は「3年保証」、かぶせ物は「5年~10年保証」を設けております。

つめ物
3年保証
 かぶせ物
5年~10年保証

 

 

06こだわりの治療工程

少し難しい話となっていますが、当院で行う審美歯科治療の流れをご紹介します。

 

 

工程1 お口の情報を収集

まずは下記の検査を行いお口の情報を収集します。

パノラマレントゲン診査、口腔内診査歯周病検査、スナップ印象採得、咬合採得、口腔内写真。

パノラマレントゲン診査、口腔内診査歯周病検査、スナップ印象採得、咬合採得、口腔内写真。

 

工程2 診断と診療計画立案

分析

工程1により問題を抽出し、診断と治療計画を立案します。

状態によっては虫歯・歯周病治療を先に行うこともあります。

 

 

工程3 治療方針の説明と決定

分析

診断結果をもとに治療方針を決定し患者様にご説明します。

その際、審美歯科治療で使うセラミックには複数の種類がありますので、それぞれのメリット・デメリットを含め納得されるまでご説明いたします。

 

 

工程4 初期治療と仮歯(プロビジョナル)製作

次にプロビジョナルストレーションと呼ばれるステップに移ります。

簡単に説明しますと、初期検査で取得した情報をもとに「仮歯」作成します。

それを患者様のお口の中に装着し、お口に合った歯の最終形態を模索していきます。

この仮歯は、歯が無い期間をなくすためだけに装着するものではありません。

次のような目的を達成するために行う重要なステップとなります。

歯茎の状態確認 機能性の確認 嚙み合わせの確認・改善 お口全体のバランス

これら全てを、事前に検証することで、「本当に美しく仕上がるのか」「咬み合わせは適切か」「しっかり咬むことができるのか」「長期間機能するものであるのか」などを把握でき、不具合がある場合は随時改善していきます。

 

ここで私が言いたいことは、このような事前の検証を一切せずに、審美歯科治療を行う事はNGであるということです。

そのような治療法は「運だめし」と同じことで、治療とは呼べません。

 

しっかり、仮の歯で事前検証をし、問題が見つかれば随時改善していく。

この過程を踏むことで、初めて理想の詰め物・被せ物が完成します。

仮歯の装着 歯茎の状態改善 噛み合わせの調整 美を意識した全体のバランス セラミック素材に置き換えて完成

 

 

 

個別相談インターネット予約

〒243-0815 神奈川県厚木市妻田西2-15-19

 

 

+症例集

詳細は症例集をご参照ください。

ビフォアー アフター1

 

 

+患者様の声

詳細は患者様の声をご参照ください。

患者様の声

 

 

+料金

費用・素材の特徴に関しては料金表をご参照ください。

素材の特徴・料金