〒243-0815 神奈川県厚木市妻田西2-15-19 メールによる予約・相談
046-240-8666 診療時間 10:00~〜 20:00 休診日 火・祝

自然美と健口美 |きくち歯科クリニック・審美歯科(差し歯)専門サイト 厚木市 夜8時まで 土日も診療。

自然美と健口美

審美歯科治療で、あなたは何を求めますか?真っ白な歯の美しさですか?それともバランスのとれた美しさですか?もしくは、お口の健康でしょうか?

+きくち歯科がご提案する「自然美」とは・・・?

下の画像をご覧ください。

あなたが求める歯はどちらですか?

img1 img2

 

「左」の画像を選択された方。

もしこの歯をお口に入れた場合、次のような口元になります。

口元1

 

「右」の画像を選択された方。

この歯をお口に入れた場合、次のような口元になります。

口元2

 

第三者から見た場合、どちらの方が美しく見えると思いますか?

人それぞれ「感性」が異なりますので一概には言えませんが、多くの方が「右」の画像を選択すると思います。なぜでしょうか?

 

これは口元全体の色の「バランス」が関係しています。

もっと具体的にお伝えしますと、「いかに自然な口元であるかどうか」です。

 

審美歯科治療では、「色」「形」が自由自在にコントロールできます。

雑誌を持ってきていただき「このモデルさんのような歯にしたい」とお伝え頂ければその通りに色と形を再現することが出来ます。

 

しかし、皆さんに1つ理解して頂きたい

ことがあります。

それは、口元の美しさは「歯」だけでは達成

できないという事を。

 

歯は美を作り出す1つのパーツにすぎません。

その他にも、肌の色、性別、年齢、顔貌、唇、

歯茎なども関係し、これら全てが合わさること

で初めて「あなたらしい」自然な美しさが生まれます。

院長

 

つまり、歯以外の美の要素をまずは把握し、それに調和する歯はどのような色なのか、どのような形なのかを考えていくことが重要になるのです。

 

そのため、真っ白な歯よりも、少し黄ばみを入れた方が自然な美しさに仕上がることもありますし、1本だけの治療の場合、他の歯との色合いや形のバランスを取った方がいいこともあります。

ビフォアー アフター

ビフォアー アフター2

もちろん、最終的には患者様の理想通りにいたします。

しかし、ここでお話しした「あなたらしい自然な美しさ(自然美)」というものが存在していることをご理解頂けたらと思っております。

 

 

+きくち歯科が追求する「健口美」とは・・・?

「健口美」という言葉を初めて目にした方が多い

かと思います。これは「口(歯)の健康と、

口元の美しさの調和」を意味しています。

 

「口元の美しさ」に関しましては上記「自然美」で、

きくち歯科が考える美しさをお伝えしました。

審美歯科治療ではその他にも「口の健康」も達成

させる必要があります。

 

審美歯科治療で「口の健康?」と思われるかも

しれません。分かりやすい例でご説明します。

院長2

 

審美歯科治療を行っている医院は全国にたくさん存在します。その中でも「口元の美しさ」だけを短期間で追求する医院と、「口元の美しさだけでなく、口の健康」までもじっくりと追求する医院の2つに大きく分けられます。口の健康は考えず、口元の美しさだけを追求した場合どのようなことが起こるのかをご説明します。

 

口元の美しさだけを追求した場合の弊害

 

弊害1 歯の神経をすぐに抜いてしまうことによる「歯の寿命の低下」

 

歯の神経を抜くとどのようなデメリットがあるか

ご存知でしょうか。

歯の神経は歯に栄養を与える役割がありますので、

神経を抜くことで歯には栄養がいかなくなり、

歯がもろく欠けやすくなってしまいます。

それだけではなく、細菌への抵抗力も下がり、

虫歯が進行しやすくなり、抜歯になってしまうことも

あります。

つまり、神経を抜くことで、歯の寿命が縮まって

しまうのです。それだけ歯の神経は大事な存在だと

いえます。

歯の断面図

 

せっかく高額な治療費を払って歯を白くしたにも関わらず、虫歯になり歯を抜くようなことになってしまっては、後悔しても後悔しきれません。

 

審美性だけを追求する医院では簡単に神経を抜いてしまいます。当院では極力神経を抜かない治療(ケースによっては抜くこともあります)を心掛けています。お口の健康のため、歯の神経を残す手段を考え抜いた上で審美歯科治療を行ってくれる歯科医院で治療を受けるべきだと考えます。

 

 

弊害2 初期治療しないことによる「早期の審美性の悪化と抜歯の可能性」

 

審美歯科治療の前に歯周病治療を行うことは歯科業界では基礎の基礎です。

しかし、早期の審美性獲得だけを追求する医院さんでは、この歯周病治療を行わずに審美歯科治療を行ってしまう事があります。

 

かぶせ物等を作成する際は、お口の「型取り」をし、それに基づいてお口の「模型」を作り、かぶせ物等を作成していきます。

 

流れ

 

歯周病を改善せずにこの工程を進めてしまうとどうなると思いますか?

 

歯周病になると炎症により歯肉がブヨブヨに腫れてしまうため、正確な型取りができず、模型も不正確なものとなってしまいます。そのため当然のことですが、かぶせ物もお口に合わないものが出来上がります

 

お口に合わないということは、かぶせ物と天然歯の間に隙間が生じている状態です。その隙間から虫歯菌が侵入し、かぶせ物の中は虫歯でボロボロになり、せっかく治療をした歯を抜歯しなければならないというケースもあります。また、歯周病がさらに進行することでその隙間が徐々に広がり、見た目も非常に悪くなります。

 

この方法ですと、短期間で治療が終了するというメリットはありますが、デメリットはそれ以上のものがあります。患者様にとって「できるだけ早く美しい歯を手に入れたい」というご要望は理解できます。しかし、少し踏みとどまって考えてみてください。

 

目先の利益をとるか、長期的な利益をとるかを・・・。

 

歯周病の治療を行わずに他院で治療されてしまった症例が「左」の画像です。

目でも確認できるレベルで歯とかぶせ物の間に隙間が生じ審美性が悪化しているのがわかると思います。「右側」の画像が当院でリカバリーした症例です。

ビフォアー アフター

 

 

弊害3 咬み合わせを考慮しないことによる「不定愁訴の発生」

 

審美歯科治療を行うことで、「物がしっかり噛めなくなる」「顎関節症になってしまった」という事が稀にあります。その他、不定愁訴と呼ばれる「頭痛」「眩暈」「肩こり」が起こってしまう事もあります。これらは治療により「咬み合わせ」がおかしくなってしまったことに原因があります。

 

治療により「口の健康」だけでなく「体の健康」が

侵されてしまっては、何のための治療だったのかと

首をかしげたくなりますが、歯周病治療と同様、

早期の審美性獲得のため「適切なかみ合わせを診断する

」という治療ステップを省いてしまう医院、もしくは

完全に無視する医院が存在しますので、かみ合わせを含

めた治療を行っている医院に受診されることを強く

お勧めします。

脳図

 

いかがでしょうか。

審美歯科治療の主な目的は「口元の美しさ」を獲得することですが、「お口の健康」も同時に考えなければなりません。当院では「自然美」そして「健口美」の2つを追求した治療を行っています。ご興味のある方、一度お話をお聞かせください。

 

 

 

 

個別相談インターネット予約

〒243-0815 神奈川県厚木市妻田西2-15-19

 

 

+症例集

詳細は症例集をご参照ください。

ビフォアー アフター1

 

 

+患者様の声

詳細は患者様の声をご参照ください。

患者様の声

 

 

+料金

費用・素材の特徴に関しては料金表をご参照ください。

素材の特徴・料金